新発想の足裏樹液シート「ボタニリッチ」

ボタニリッチ

 

足が冷える、いつも足が重い、足がむくむ・・・
足の悩みってなかなか解消できなくて嫌ですよね。
靴下の重ね履き、湿布、足用カイロが欠かせないという人も多いのではないでしょうか。

 

そんな足用グッズを使っていてもスッキリできない方におすすめなのが、足裏樹液シート。
寝る前に貼っておくと朝には真っ黒になっているアレです。

ボタニリッチ使用

 

足裏樹液シートは一時大ブームにもなり、今も数々の商品が売られています。
でも、
「樹液シートなんてどれを使っても変わらないよね」
なんて思ってません?

 

樹液シートは進化しています。
従来の商品に新しい発想と原料をプラスしたのがボタニリッチなんです。

 

基本的に足裏樹液シートは安くて手軽に利用できるものですよね。
その反面、天然成分を配合しただけで効果を感じられない人も多かったと思います。

 

ボタニリッチはそこに遠赤外線を出すビサ(微砂)と磁石をプラス。

 

遠赤外線と磁石

 

第2の心臓とも呼ばれる足の血流まで改善できるんです。
もちろん足裏だけじゃなく、ふくらはぎにも使えます。

 

さらに、足裏樹液シートとしては珍しく医療機器としての認証を取得しているのもポイント高いですね。

ボタニリッチ医療機器認証番号

 

当サイトでは、そんなボタニリッチの特徴をご紹介しています。

 

 

ボタニリッチ(日本製)

※ボタニリッチは通販限定商品です。

 


ボタニリッチはこんな人に使ってほしい

美脚

 

何となく足がだるいという人にはボタニリッチは少々高価に思います。
それよりも、足の冷えが辛いとかいつもダル重いとか
自覚症状がはっきりしている人の方が実感しやすいです。

 

足の冷えは足に様々な悪影響を与えています。
だからこんな悩みが出ている人におすすめです!

 

 

  • いつも足が重くてだるい
  • むくみがとれなくて足を見せられない
  • 食べても寝ても疲れが取れない

 

こういった症状のことを足コリと言います。

 

もしかしたらこれらの足コリは足の冷えから来ているかもしれませんよ。
冷えは万病のもとと言われますが、それは足でも同じことです。

 

足が第2の心臓と言われるのは、

  • 足裏には全身のツボが集中している
  • ふくらはぎは血液を流すポンプ作用がある

こんな作用があるからなんです。

 

足が冷えて血流が悪くなると、足裏やふくらはぎの機能が低下し、不快な症状に悩まなくてはいけなくなります。

 

血流が悪くなれば、代謝は衰えるし老廃物も溜まりやすくなります。
足コリがずっと続き、ふくらはぎがむくんだままになるのも当然の結果なのです。


ボタニリッチが足コリやむくみにおすすめな理由

ボタニリッチイメージ画像

 

ではなぜボタニリッチが足コリにいいのでしょう。
それは冒頭にも書いた通りで、一般的な足裏樹液シートの効果を持ちつつ、血流の改善ができるからです。

 

ボタニリッチの原材料で、一般的な樹液シートにもよく使われているものは

  • 木酢末
  • 竹酢末
  • ドクダミ末
  • ビワ末
  • キトサン
  • ビタミンC

 

排水

これらは体内に不要に溜まった水分や老廃物などを汗と一緒に排水するサポートをします。
デトックスのようなものですね。

 

商品によって配合しているものが多少違うこともありますが、これらの組み合わせがいいとされています。
これが普通の足裏樹液シートです。
これくらいなら比較的安く買うことができます。

 

次にボタニリッチだからこそという原材料がこちら。

  • ビサパウダー
  • 磁石

 

磁石は何となく良さそうなのは分かります。
磁石の質は違いますが、ピップエレキバンなんかも磁石の力を使っていますよね。

 

で、何者か分からないのがビサパウダーです。

 

ビサには遠赤外線効果がある!

ビサは砂の一種らしいのですが、ボタニリッチは特定の地域だけで採れるビサを使っています。
わざわざ地域を限定しているのは、遠赤外線を放射するビサを使うためです。

 

さらに、遠赤外線の中でも健康に役立つと考えられている波長帯(特定波長域の遠赤外線といいます)を放射しているとのこと。

特定波長域の赤外線はここ

これを粉末にしたのがビサパウダーです。

 

なにやら難しい内容ですが、
特に体にいい遠赤外線を出している
ということです。

 

このビサから放射される遠赤外線の効果で、ボタニリッチを貼っているとポカポカしてきます。

 

冷え対策はもちろんですが、足の裏に汗をかきやすくなって、水分の排出を促進してくれるんです。
だから翌日のスッキリ感が違うし、他の足裏樹液シートよりもシートがドロドロになるんです。

ボタニリッチ使用

 

ちなみに、シートを剥がすと黒茶色っぽくなっているのは、原材料が水分(汗)と混ざったからです。
体の中から黒茶色の液体が出てきたわけではないですよ。

 

このビサ入りのシートを足裏に貼れば、足ツボの刺激まで一緒にできちゃいます。
ボタニリッチを足マッサージ代わりに使っている女性も多いかもしれませんね。

 

イメージは
足湯しながらマッサージ!
足が軽く感じられますよ。


足裏樹液シート「ボタニリッチ」の効果的な使い方とQ&A

ボタニリッチを効果的に使う方法と疑問をQ&Aにしてみました。

 

いつ使うのが効果的?

ボタニリッチを使うのに、特に決まった時間はありません。

 

ですが、足裏に貼るとシートの中がドロドロになって、歩くときにグチョグチョして嫌な感触があります。
さらにシートから水分が出てストッキング(靴下)や靴を汚してしまうことがあります。
専業主婦で在宅の場合は床を汚してしまうかもしれません。

 

だから
寝る前に貼って朝まで貼りっぱなし
がおすすめです。
シートが濡れてきても途中で剥がさないのがポイントです。

口コミで「水が出てくるのが気持ち悪くて剥がした!」という人がいましたが、そういうグッズです(笑)
途中で剥がすと効果が薄れるのでご注意を!

 

どこに貼ると効果的?

ベストは足裏です。
水分を排出しやすいだけでなく、体の末端に行くほど老廃物も溜まりやすいからです。
また、足裏にはツボが多いので足ツボを刺激することもできます。

 

足裏以外だとふくらはぎにもおすすめです。
血行を良くすることでふくらはぎのポンプ機能を助けることができます。
ただ、ふくらはぎは足裏のように汗をかかないので、ドロドロにはなりにくいです。
それでも、衣類を汚す可能性はあるので、その点だけ注意しましょう。

 

すっごく疲れた日は足裏とふくらはぎのW使いもおすすめですよ!

 

どれくらいの期間貼ればいいの?

毎日使うのか、いつまで使うのかって分かりませんよね。
これも特に決まりはありませんが、目安をお伝えします。

 

ボタニリッチが濡れる間は毎日使います。
体内の余分な水分が減ってくると、濡れ具合も減ってきます。
やがてあまり濡れなくなったら数日間あけてまた再開するといいでしょう。

 

効果を上げるためには?

足のむくみや足コリは睡眠時間でも左右されます。
日常的に睡眠時間が短いと改善もなかなかできません。
しっかり睡眠をとることが重要です。

 

ボタニリッチを貼って寝ると、足裏が温くなり血行も良くなります。
その結果睡眠の質が良くなります。
睡眠の質が上がるとむくみや足コリが取れやすくなるだけでなく、代謝が良くなり肌にもいい影響が出てきます。
まずはしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

いまさら樹液シート?と思ったかもしれませんが、ボタニリッチは今までの樹液シートとは違います。
昔から頭寒足熱と言われるように、足の冷えは体の不調を招き、いつも重い、だるい、むくむといった症状も出てきます。

 

久しぶりに試してみてはいかがでしょうか。
スッキリするだけじゃなく面白いですよ。

 

※ボタニリッチは通販限定商品です。

TOPへ